石垣島って、どんなところ?

石垣島(いしがきじま)は、沖縄県石垣市にある島。八重山諸島の政治・経済・教育・交通などの中心地で、面積は約222.6km²と沖縄県内では沖縄本島、西表島に次いで3番目に広い島である。 人口は約4万5千人。

概要
石垣島は沖縄県に属し、県庁所在地である那覇市との距離は南西に410km以上離れており、その距離は東京から岐阜間に相当する。逆に台湾とは270kmしか離れておらず、地理的には日本のほとんどの地域よりも台湾に近い場所に位置している。

地勢
概形としてはほぼ正方形に近く、北東部に細長く平久保半島が突き出ている。島の中央やや北にある標高526mの於茂登岳は沖縄県の最高峰であり、この山を含んで以北は山がちとなっている。南部は隆起サンゴ礁の平地が多く、人口もこちらに集中する。南部に向かう宮良川の他には、あまり大きな川はない。

気候
熱帯雨林気候に属する。

自然
古くから開発が進んでおり、森林の面積は多くない。しかし隣接する西表島とは共通する種も多く、イリオモテヤマネコこそ居ないものの、貴重な種が多いことに変わりはない。北部の米原のヤエヤマヤシ群落は天然記念物に指定されている。
宮良川河口のマングローブは、国内最大の面積をもつ。西部の名蔵アンパルは2005年にラムサール条約に基づいて保護すべき貴重な湿地に登録された。

2007年8月1日、石垣島の面積の約3割にあたる約7,000haが西表国立公園へ編入されるとともに、名称が西表石垣国立公園に変更された。これにより、かつて新空港問題で有名となった白保地区等が海中公園地区とされ、海中公園の面積は国内最大となった。これは、国立公園としては、1964年の富士箱根伊豆国立公園以来43年ぶりの大規模な拡張である。
白保のさんご礁は開発がらみで有名になっているが、北部の川平湾も、流れが急で多様なサンゴがみられることで有名である。

ダイビング
日本の代表的なダイビングポイントとして人気を誇り、1年を通して多くのダイバーが訪れる場所となっている。
ダイビングエリアは、市街エリア・川平エリア・北部エリアの大きく3つに分かれる。

真っ白な砂地、美しいさんご礁、幻想的な光が降り注ぐアーチ、大物が登場するダイナミックなポイントまで盛り沢山!!
バラエティー豊かな石垣島の海へ潜ってみませんか??
※詳しくは、ポイントマップを参考にしてください。

* 我がBreezeは一番便利な市街エリア!島の繁華街にあり利便性も高い。西表、黒島、パナリ島、小浜島、竹富島周辺や石垣島マンタポイントなど全てを網羅する。がっつり全島制覇アフターダイビングも楽しみたい人向け。
* 川平エリアはのんびりのどかな部落。有名な「川平石崎マンタスクランブル」が近いというメリットがある。
* 北部エリアは潜る人が少ないため、あまり荒らされていない海中が魅力となっているがオニヒトデの影響でサンゴが壊滅状態だという。

<一部、Wikipediaより転載>